薄毛に関するコラム

今日の薄毛治療

今日、どのような薄毛の治療が行われているのかほとんどの方はご存じないかと思います。
日々新しくなる薄毛治療についてのお話し。
 
以前より行われていた治療は、塗り薬と飲み薬による治療です。
基本となる薬は、髪を育てる育毛効果のあるミノキシジルと抜け毛を抑えるフェナステリドがあります。
 
次に、メソセラピーがあります。頭皮や毛髪に必要な成分を浸透させていく治療です。
身体を通さずに直接、頭皮や毛髪に到達しますが、髪を増やすのではなく
塗り薬や飲み薬のようにあくまでも今ある髪を補助してあげる治療です。
また浸透させるのに、時間がかかったり、医療機器が必要なため治療費も高額になることがあります。
 
新しい治療治療としては、毛髪再生治療のHARG(ハーグ)療法があります。
新しい治療といっても2007年から始まった治療ですので、すでに10年近い歴史と実績のある治療になりました。
この治療は細胞が増えるときに必要な「成長因子」と呼ばれる成分を頭皮に浸透させる治療です。
​成長因子は発毛の命令となる成分です。直接毛根に発毛を働きかけるので、他の治療に比べ高い薄毛治療の
効果と実感が得られます。

 

生活習慣も抜け毛の原因

AGA(男性型脱毛症)は遺伝や男性ホルモンが主な原因となり、女性の薄毛・FAGAは遺伝やホルモンバランス等が原因となります。
AGAをはじめとする薄毛は、治療により改善することができます。ただ治療と同じくらい大切なのが生活習慣です。

​いくら薄毛の治療を行っても、ストレスや睡眠不足、不規則な生活、食事生活(特に脂物の食事)、喫煙やアルコールなど生活習慣に影響を与える行動をしてしまうと
効果が減弱してしまうことがあります。

​髪のために生活習慣なんて変えられない、薄くなったら薬で治療すればいいと考える方もいらっしゃるかもしれません。
​しかし、これらの悪い習慣を続けていると髪だけではなく高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を引き起こすことになります。
これらの病気は、身体全体に影響する病気であり、特に血管系に影響を与えます。

​抜け毛を抑えるフェナステリドは、あくまでも抜け毛の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する作用しかありません。発毛や育毛のために髪に栄養を運ぶには、通り道である血管が重要です。生活習慣の悪化は、発毛や育毛のための栄養や酸素が頭皮に十分届かず、薄毛の原因となります。

​AGAや薄毛治療において、毛髪や頭皮を改善させる発毛や育毛のためには生活習慣も大事な要素です。
帯広市西4条南10丁目34センターシティ1F
予約受付
受付時間 9:30~20:00
診療時間
受付時間 9:30~20:00 土日祝も開院
アクセス方法
JR帯広駅徒歩5分/クリニック前に無料駐車場あり
aga_s_on
男性専用オフィシャル帯広中央クリニック
美容整形帯広中央クリニック
女性脱毛
メンズ脱毛帯広中央クリニックバナー190

帯広中央クリニック
院長 吉村長嗣

おかげさまで、年間を通して帯広・釧路近郊をはじめ、道東から多くの方にご来院いただいております。
安心して治療が行えるように、悩みや不安を解消した上での薄毛治療を心がけております。お気軽にご相談ください。